ふしめがくる

1年4か月後、進行の新月である。

少し前はその先のことをいろいろと考えていた。

未来が見えないなあと思うことが多かった。

 

今も見えないわけなのだが、

やりたいことが生まれてきたので気にならなくなった。

当面はそれをやろうと考えている。

 

やりたいことが生まれてきたと同時に

自分の線引きもできてきた。

 

自分は職業占い師ではない。

自分は西洋占星術を学んでいる。

学びの派生としてセッションに使っている。

自分が仕事で自己効力感を感じられるのはセッションである。

 

そして

自分が創り出したいものは、言語非言語で気づきにあふれた空間である。

 

そのため、自分が扱うものの内容を絞ろうと思った。

 

学校と道場をやろうと思う。

教える人は何人かいてほしい。

私がいいと思った内容を扱う人だ。

 

そのためにあるていど固定された関係のパートナーは必要か?

について考えることがある。

でもこの件は独立させて考えることではない。

目的によっては一人でいくらでもできるし

目的によっては一人では無理だから。

 

でもあえて書くなら

アイデンティティの確立された人がいい。

それと、自分の面倒は自分で見られる人がいい。

そして、

1対1の距離感がしっかりとれる人がいい。

お互いの領分を侵さずに、

ときに私と直面できるひと。

 

ここまで考えて、あとは寝かせておくことにする。

1年半後にはけっこう違った景色が待っていないとも限らない。

 

求めるものも相性もまたどんどん変わっていく。

 

次はワンルームのマンションを借りるのがいいかなと思っている。

1月になったらちょこちょこと不動産屋さんを回ろうと考えている。

これも場所によって自分の活動も変わる部分があることを経験的に知っているので

そうした余地を多分に残しつつ。

 

 

 

 

 

 


ニーズのマッチング

人と人とを引き合わせるのは天秤マターかもしれない。

出会う場をつくるという意味において。

それがひたすら相手のためになると思っている人が一定数いるなと感じている。

でもそこに双方のニーズがないとむずかしい。

好きそうだな、喜びそうだな、合ってるなとか

嫌いそうだな、困りそうだな、求めていなさそうだなとか

そういう見極めがなされていないと感じると

あまり近しくないビジネス関連の人ならプロじゃないなあと思う。

かなりあからさまにお断りする。

同業ならばセンスないなあと思う。

こちらを思ってやってくれているのがわかる場合は苦しいが、

そういうとこである。

 

マッチングならニーズをマッチングするのが最強である。

ときに、本人が自覚していなくても明らかにこの人これ必要そうだよねということもある。

まあその勘違いだったというのもとてもありそうですね。

逆に、これがぴったりくると長く忘れない恩を感じるできごとにもなる。

そういう経験もたくさんしてるし最近もあった。

そのとき応えられなくても未来の可能性の種をもらっているということもまたありそうなことである。

 

 

「言わなきゃわからないよ」とはよく聞くが、

言われるまで理解を待たなきゃいけないなんて法はないはずである。

言われたときに修正をかけるのはもちろんである。

 

もしかしたら、

ひごろ関係性だけで人を見ていると

それぞれの人の違いが小さく見えてしまう。

それで人がみんな同じことを望んでいるように思ってしまうのかもしれない。

(個人て小さくない。みんな自分の内面はおっきく感じるから、

相手の主観に入ることをしないと人の心はつかめない)

関係性を体面と言い換えるともっとありそうなことかも。

 

ちなみにこういうのでもやもやしたら行き違いを解消するのにNVCは最適です。

ミスコミュニケーションに関する自分のわだかまりとくをという意味です。

 

そしてここまで書いてみて、

自分がどれだけつながりを欲しているかというのもまた見えてくるわけです。

そしてそれを得難いものとして感じているのが私の課題なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 


人に接するときなんとなく気をつけていること、または天秤火星

連絡の返信はわりとすぐするようにしています。

セッションとか、映画を見ているとか買い物中とか

そんなとき以外は。

あと、お金はすぐ払うようにしています。

自分が主で何かやってもらったときは、

お金だけではなく

6:4以上で相手に多く渡るようにします。

こちらの好きに計画させてもらっているわけなので。

それと、後に引きずらないためです。

 

場を持つときは、

なるべく公平になるようにします。

言葉をかけるとか、そんなことです。

そして無理しない。

できなかったときも悔いにしない。

次やろうと誓って、忘れます。

 

それがしやすい人数と同席することにしていて

そうすると5,6人が限界でしょうか。

こういう数になるのは

1対1対応が基本になっているからだと思います。

 

あとは、毎日のように初対面の人に会うのですが

最初からフレンドリーにしないというか

ニコニコして話しかけすぎない。

これは自分の慣れたふるまいとは違いますが

後天的に身につけたしぐさです。

誰もそのようなこと(フレンドリーにしなよ)を

私に要求していないことがわかってきたからです。

でも相手を不安にさせないことは大事かなと思います。

 

今日書きたかったことではないですが

基本、相手がどんな人か理解しようといつもしています。

たとえ人から見て無関心のように見えるとしても

見た目とは違います。

 

 

 

 


凪 あるいは死神

自営なのでお客さんが途切れると反応する。

反応のひとつとしてメニュー作りが加速するというのがある。

ぼんやり思っていたことを形にしたくなるのだ。

もっと前は料金を下げたりしていたな。なつかしい。

 

今は反応ではなくて考える。

 

考える前に感じるのは

私はこれをやらなかったらあとがないということだ。

カウンセリングと占星術やタロットを使っての占い以外

自分に稼ぐ手立てがない。

 

これはけっこう心細い気持ちになることだ。

時によって絶望感もある。

満を持して取り組んだつもりが

自分の人生こんなものだったのか、という。

 

小さな工夫大きな工夫をやってみても結果が出なかったとき

人はそこから本気になるんじゃないかと思う

 

自己中だったり変な理想主義から抜ける

 

その時心がただ静かになり

すべての現実の仮面を脱ぎ捨てて

ただ何かに取り組む

あるいは手を膝に置く

 

そんなふうになるんじゃないかな

 

そんな凪ってとても必要


だれよりもきみをあいす

最近は「ゴッドファーザー」をずっと観ている。

ときどきそんなことになる。

私の中のおとむらいなのだ。

 

マイケルはコルレオーネ家の希望の星だった。

カタギの仕事に就くはずだった。

父親はじめみんながそう考えていた。

アメリカのために軍隊だって行ったんだ。

議員だって大統領だってなれたかもしれなかった。

 

なのに一家のドンにならざるをえず

たくさんの悪事に手を染めて

兄まで殺す

兄に裏切られたと知ったときの

マイケルの目の暗さよ

くちづけの強さよ

 

それでも日の当たるほうに出たくて

たくさんたくさんお金を使って

 

最後はマイケルのようになりたい甥に自分の立場を譲り

娘を亡くし

回想と多分悔恨の中で死んでいく

 

いやその死に方は私はとてもいいと思いますけれど

あこがれですけどね。

 

右手で愛し 憎み 殺し

しかし左手でたくさんのものを生んでいたはずだ

逆かもしれないが

 

人は自分にしかなれない

望みはいつまでも望みでしかなく

自分は自分になるしかなく全うするしかなく

 

でもその望みを持ち続けているあなたが好きだ

自分の今生の役目と望みの間で引き裂かれながら

そんな生をいきる 人間のどうしようもなさを

どうしようもなく愛す

わたしもどうしようもない にんげん だから

 

 

 

 

 


信じるって

信じるって

それについての自分の熱い想いを感じるってことだ。

 

人に対してもそうだ。

相手の発言や行動じゃない。

それに関して湧き起こった

自分の想いを感じてみて。

それが信じるってことだ。

そしてそれが感じられないときは

いつでも心を離していい。

 

いつも

一瞬一瞬新しい自分でいて。

 


人生万事運命の輪

人生はぐるぐる動く車輪のようなもの。

上がったり下がったり

上がったり下がったり

その繰り返し。

 

上がりっぱなしも

下がりっぱなしもない。

 

同じところにとどまっていることはない。

上がって下がってまた上がったとき、

見える景色も違っている。

 

大きな車輪も小さな車輪もある。

好きなスピードをイメージしたらいい。

 

 

 

 

 

 

 

 


ピンチ=チャンス 

「ピンチはチャンス」ってよく聞く。

nico先生なんていってたかな、

「ピンチのときしかチャンスはこない」っていってたか、

「ピンチこそチャンス」っていったか。

 

それ、今はよくわかる。

 

だってピンチのときは選択肢が選べない状態なんだ。

だから迷わず目の前のそれをやる。

やらなきゃ死ぬ!

 

そのくらい余計なものをそぎ落として

必死になったら。

 

「チャンスは泥船」とか「段ボールの船」

というのもnico先生はよくいう。

だいたいしょぼいって。

でもそれしかなかったら比べるものなんてない。

集中してつかんで打破してつかんで打破して。

 

こうしてみるとピンチってほんとにチャンスだな。

 

 

 


占い師yasumiko占いブックカフェオーナー目指して就活中

このブログの斜め下を見ていただけるとわかると思うのですが

当初、灯台屋の本ブログの名称は

「占い師yasumiko占いブックカフェオーナー目指して就活中」

というものでした。

自分の持つ場所のモデルとして漠然と「占いブックカフェ」がありました。

「灯台屋」を持った今振り返ってみて

「占い」「ブック」「カフェ」

はコンテンツが多いな、というのが正直なところ。

ではこの中で落とせない順に1・2をつけると

1「占い」2「ブック」でした。

 

この先どうしようかなあと最近よく考えています。

今の場所はあと2年半の契約ですし、

建物が古いですし。

 

選択肢は

1路上(店)を借りる

2マンションを借りる

です。

あるいは

3ちょっと休む

というのもあるかもしれません。

先日急に思いついたのは

4自宅改装 でした。

これには夫の同意が必要ですけど。

 

違う視点として、形態について

1占い店 

2セッション・教室

を分けるというのもずっと考えています。

でも私の性格からいって両方同時はむずかしい。

 

将来的なヴィジョンとして

1学校 をやりたいと思っています。

2庭がもちたいのも思っています。

どちらが優位かというと2番です。

 

こういうのは経験上ある日ふっと思いもよらない形で収まりがつくので、

こうやって寝かせておきます。

ちゃんと書いたのも初めてです。

 

ちょっとお店行ってきます。

 

 

 

 


座右の銘

私の座右の銘は

 

岡田幸生さんの

 

あめがふればぬれてかえる

 

「無伴奏」より。

金星的だと思いますね。

あるもの、なすがまま。

 

 

 

唯一正しいマップはない

 

これは昔からいつもそう思ってきました。

双子座ぽいと感じます。

それから、

 

リーダーはコミュニケーションしつづける

 

どんな人ともそれを切ってはいけないと強く思う、いつも。

この二つは私が学んだNLPのトレーナーから聞きました。

ディルツさんの言葉か、村上さんなのかな。

 

もう一つは

 

 

私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る

 

 

ヴォルテールとされているやつ。これも高校生のときにはそう信じていました。

この4つでしょうか。

座右の銘って、覚悟を表す言葉かなと思ってます。

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
アマゾン
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM