めも クリスタルボウルコンサート 6月

今日のテーマ「ゆるし」とTOMOさん。

 

始まってすぐ、

 

山の中にいる。

落葉樹の。

腐葉土を手で掻き分けると

女の人が眠っている。

長い髪できれいな着物を着ていたような。

陰陽師のあの人みたい、と思う。

 

気づくと女の人は色が乳白色になっていてヘリが茶褐色。

「カブトムシのサナギだ」と思う。

 

少し離れたところに男の子がいて「お母さん」と私を呼ぶ。

 

今度は空にいる。

宇宙なのだが星のない宇宙。

奥行きはあることがわかる。

しばらく浮いている。

飛ぼうとするが暗くて目印もなくて、風もないから飛んでいるかどうかわからない。

 

再び腐葉土。

だいぶ体をあらわにしたらしい。

女の人が目を開けて

「何をしている」というふうにギロッと見る。

まだはやかった、と腐葉土をたくさんかける。

(たぶん浅くなっていたから土をかけてほしくて呼ばれたのかもしれない)

最後は大地に立っている。

ピラミッドと夕日が見える。

 

終わってTOMOさんが

「ゆるし」のココロは「リセット」と「ダウンロード」だそうです、

(これからの時代に必要なものをダウンロード)

といっていた。

も一人の参加者のKさんが

「刺激が強かった」といっていたけれど(悪い意味じゃなく)

脳波はあまり下がらず緩むより明晰になるような音だった。

(毎回違います)

途中で左足にぽうっと気が巡るのがわかった。

左側が少し冷たい。

軽い頭痛があったけど治った。

前日から風邪気味、

おなかの風邪で腹痛があったが一度も感じなくってそのまま治ってしまった。

 

リセット、ダウンロードはすごくわかる。

星のない空を見ていたときダウンロードしてたと思う。

カブトムシの女の人は夏に孵る。

今年じゃなければ来年かもしれない。

(複数の流れがあり、浅いものは今年の夏、深いものはもっとあとだと思う)

 

 

 

 


腎臓は金星としか思えなくて

内臓探索の講座で見た金星のヴィジョンが忘れられない。

 

盛装した若い男女が並んで神社の廊下を歩いてくるのだ。

途中で海が見える

なぜだか日本海だと知っていた。

明るい海だ。

男女はとても若く

今の時代なら16,7といったところなのかもしれない。

昔だからもっと若いのかも。

女性は巫女さんなのかと思う。

奈良時代のようなそうでないような

美しい装い。

赤い漆の杯がアップになる。

寿の文字が金で書かれ、

なみなみと酒が注がれていた。

婚約式かと思う。

そんなのがあったのなら。

 

本当に美しいヴィジョンだった。

 

1年くらいして͡籠神社をTVで見て

ああここだここだと思った。

 

腎臓は金星対応。

杯は腎臓の象徴らしい。

 

酒と光をたたえた杯と

明るく静かな海。

そう、終始明るく静かだった。

 

 

松村先生は長いはっきりした長いヴィジョンは本物ではないっていってたと思うけど

私にとって意味のあるものだったと思う。

籠神社はいつか行ってみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 


人のオーラはまだ見づらい

飛行機のオーラはまんまるで見やすい。

木のオーラも見やすい。

人のオーラは見づらいっていったら

おっちゃんにそれは少し違う問題があるという意味のことを言われた。

それから人のオーラも見るようにしている。

だんだん見えるようになってきた。

色はわからない。

だいたい周辺15〜20センチくらいに空気の層がある。

丸くきれいにシンメトリーではない。

どっちかの肩とか頭とか背中とか前とか後とか

もやんとしてることがよくある。

縦に吹き出しているときもある。

 

昔整体の会に呼ばれて中華街に集まったとき

整体の先生がお二人来いらしてた。

お一人は頭の上の空気が湯気のようになっていて驚いた。

もうお一人は、湯気の人の先生とのことだったが

何も見えなかった。

そしたらその方は数年して亡くなられた。

そのころからご病気だったとのことだった。

 

みけさんの白のオーラ黒のオーラの講座に行ったとき

昔松村先生がお地蔵さんを連れていたという話になって、

それがうちに来て、ってみけさんが言ってた。

 

そういうのも見られるようになりたいなあ。

 

 

 


メモ レムリアンおっちゃんを読んでみた

昨日は叡智の道読書会でした。

ユーレイシア、アトランティスとレムリアが話に出て、

(おっちゃんはユーレイシアと書いてユーラシアと発音、なぜか)

おっちゃんはレムリアにはもう転生があった という話になりました。

 

よーし、レムリア時代のおっちゃんを読んでみよう!

というわけで読みました。

 

その1

朝日が昇る川岸の堤。

白い石のアーチ型の橋が川にかかっている。

それほど広い川ではないが、

橋は長そうに見える。

既存のどの国にも似ていないではなくどの国ともいえるような

橋以外は多摩川のほとりに似ているなとも思う。

 

おっちゃんは若い女性で今と同じ顔をしている。

黒くカールした長い髪。

(おっちゃんですよアピールしているように見える)

ギリシャ時代のような白い布をまとっている。

 

これほんとですか、と問うと次に見えたのが

 

若い少年のような男性。

カールした金髪。

二次元の人である。

(私はよくあるけど、漫画の顔で出てくる)

一角獣を連れている。

一角獣の背中に乗った。

一角獣を飛ばしている!

速い!

 

そのあとおっちゃんと少年が横に並んで

お互いを抱えあっている様子が見える。

(赤ちゃんがいますマークみたい)

 

その2

「その転生は今の生とどうつながっていますか」

 

また川堤。

陽が11ハウスの方向になっているので時間が経過したことがわかる。

おっちゃんは同じ場所に立って橋を見ている。

と、橋はレールと溝でできているようになっていて、

そこを一角獣に乗った少年が走っている。

速い。

走って、また戻って

(逆向きに戻るのではなく、走りきると自然と元の場所に移動)

を延々繰り返している。

しゅん!しゅん!

だんだんスピードを速めている。

 

思ったこと

 

少年と一角獣はアバターみたいなものか。

おっちゃんは意識を操って、

できるだけ速く動かそうとしている。

そうした試みあるいは訓練に延々取り組んでいる。

 

ほかの参加者との共通の部分は「速い」だと思いました。

当時はみんな今の形ではなく、空を飛んだりしていたそうです。

 

 


クリスタルボウルを聴いたあと 見えるものが違った話

TOMOさんのクリスタルボウルを

聴いて帰った日。

いつも夜の闇に、水紋のような不定形な円が見えるのを

今日も確認しようと思って見ていましたら、

まったく違う模様でびーーーっくりしました!

 

それは消しようもなくはっきりとした不規則でまっすぐな線だったのです。

ひっかき傷のようですがもっと太い線で、

何本かが短く並行していました。

 

それから毎晩見ていますが、だんだん元に戻ってきました。

だ円ではありますが前のような形ではありません。

 

ちなみにだ円模様は目をつぶっても見えるので

身体の内側で起こっていることだと思います。


わらしちゃんは今どこに−灯台屋に座敷童がいた話

灯台屋には「わらしちゃんがいる」ということになっていた。

星覚さんの坐禅会のあたりでこどもがいるといった人がいたらしいのだが

その前にもそんなことは聞いていた。

 

うこさんは、宇宙人お茶会のとき

「変なものがいなくっていい空間〜」といって帰っていった。

なかばさんは断捨離WSの下見に来たとき「台所の冷蔵庫の前におじさんがいる」と言っていた。

そのあと来たとき「おじさんが移動した」と言っていた気がする。

 

おっちゃん会のゲストの人は「入口におじいさんがいる」と言っていた。

その位置の壁を隔てた外側は大家さんの家の庭なんですがちょうど祠がございます。

 

で、1年前、一昨年年末のおっちゃんの瞑想会にMさんが来てくれた。

私はご挨拶だけだったんだけど

Mさんはわらしちゃんが「そろそろどっかいく」といったので連れていってくれて

(トイレから出たら待っていたのだそうだ)

代わりに違う人を招いてくれるといっていたと聞いた。

 

ここまでは伝聞だが以下は違う。

これは体験したとき本ブログに書いたのだが

灯台屋2階で惑星探索のとき、探索中つまり変性意識中に

座布団を踏まれた。

2か所ゆっくり、南から北へ。

ずらして片膝だけ乗せるようにして座っていたのでそこそこのスペースがあった。

そこをゆっくりふわっと、しかししっかり、踏んでいく人がいた。

誰か窓でも閉めるか開けるかしたかったのかなと思ったけど

でも探索中にそんなところを歩く人がいるはずはなかった。

 

このあいだ叡智の道読書会でも参加者の人が似ていることを言っていた。

おっちゃんがいうにはおばあさんがいるらしい。昔ここに住んでいた人らしい。

 

 


灯台屋に宇宙人がきた話

夢で見たのでした。

私は灯台屋のような家屋で宿屋を運営しているらしい。

そこに若い外国人が訪ねてくる。

チェックのシャツの比較的イケメンである。

年のころは20代後半から30代半ばくらいである。

オーストラリア的な感じ(どんなだ

今日からお世話になります、みたいになっている。

 

それでその人の後に、

二人のスミスが

黒メガネでスーツの

つまりマトリックスのあれ的な人たちがついてきている。

 

という夢でした。

 

その後しばらくして

おっちゃん会があった。

うこさんがゲストだった。

うこさんは宇宙人の話をしてくれた。

たくさん細かい話をしてくれた。

めちゃリアルでおもしろかった。

(そのへんに普通にいるのだそうである。

一生懸命やっているが残念な感じらしい。)

 

その話の中にもちろんスミスもでてきたのである。

 

うこさんはそのイケメン男子だったのか

今となってはよくわからない。

 

 

 

 

 

 

 


自分に兄がいた話

この話は4回くらい書いているかもしれません。

 

3歳ころだったでしょうか、

暑い夏の夜でした。

そのころ仏壇の隣で私は寝ていました。

寝苦しくて目が覚めて母に水を所望笑。

 

ふたたびウトウトしたときでした。

仏壇から白い煙のようなもやが出てきて

見る見る形をとったのです。

 

それは、おなかの大きな赤ん坊でした。

 

そして私の方ににゅっと手を伸ばしてきました。

私は叫び声をあげて急いで振り払いました。

 

それだけでしたが(夢だったかも)

幽霊を見たと思いました。

後にも先にも幽霊を見たのはそれだけです。

 

さて15歳高校入学のとき

母が私に話があるといいました。

 

高校に提出する戸籍謄本を見せて

父は再再婚で二度目の妻との間に男の子がいたこと、

その子は5歳で亡くなったこと、

父が一人で看取ったこと、

母は三人目の妻であること

母も再婚であること

などを知らされました。

母は仏壇から壺を取り出しました。

それは小さな骨壺でした。

私は15年間私の兄、小さなまさおちゃんの隣に寝ていたのでした。

 

まさおちゃんは今では父と一緒にお墓に眠っています。

母も3年前から一緒です。

 


自分に弟か妹がいた話

母の葬儀のとき、山すその火葬場の待合で話していたら

突然そんな話になった。

夏もどん詰まりの暑い日だった。

 

私と弟は3歳違いなのだが

間にもう一人子供がいたというのだ。

 

私が1歳くらいのときに堕胎したのだそうだ。

 

母のきょうだいで一番下の叔母がそんな話をしてくれた。

 

―頭病みだったからね

―出血が止まらなくて

―私が自転車に乗せて

 

弟は

 

俺を産まなきゃよかったのに

 

って言ってた。

 

みけさんによくセッションを受けていたころ。

みけさんが教えてくれたことがある。

 

私が生まれて1年くらいして

母が父の信頼を失うようなことをしたと。

 

何の話の流れだったか忘れてしまったがみけさんはそういっていた。

 

何があったのか、確かめようのないことだと思っていた。

 

たぶん父が納得しないうちにか、黙ってそうしたんじゃないかと思う。 

母はすごーく水臭いところがあったから。

 

 

叔母から聞いた瞬間は、へーくらいで

みけさんの話は思い出さなかったけれど

後から気がついて はあああああ、

ひざぽん!ひざぽん!でしたよ。

 

 

 

 


nico先生のタロット講座の内容を夢で見た話

正確には夢ではないです。

朝 目が覚める直前でした。

 

nico先生が灯台屋のホワイトボードの前で

ホロスコープの丸に十字を書き、

上部右側のMCの左側にタロットをマグネットで止めて

「MC」と書き添えている。

「これがMCなんです」って言ってたかなあ、

言葉もどこかに書き留めてあるのですが。

カードはワンドのナイトでした。

 

そのときはnico先生のタロット講座を1回か2回受けていたころかと思うのですが、

まさかその内容に妥当性があるとは夢にも思いませんでした。

どちらかというと火星ワークショップでしょっちゅう

ホロスコープとタロットを見ていたのでそのことかと思っていました。

 

でもnico先生のタロット講座はすべて占星術と対応していて

とくにコートカードの読み方に特徴がありました。

 

で、最後の授業で。

そう。

コートカードのナイトは

MCの向かって右側

つまり射手座と9ハウス対応だったのです。

 

私の夢(覚醒時ヴィジョン)はまるあたりだったのです。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
アマゾン
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM