横浜カウンセリングセンターの思い出

ひところ、毎夏、横浜カウンセリングセンターの研修に通っていた。

大学の時のゼミの教授が

国大に移ったからと誘ってくれたのがきっかけだった。

 

桜木町で降りて

音楽通りを歩いて

パン屋にシベリア売ってるなとか思いながら

汗をかきかき

成田山別院の石段をのぼって

いせやま会館にたどりつく。

 

3日間の研修。横浜の人がほとんどで

教員もいたけど一般の人も多かった。

参加者に心理職やカウンセラーがどのくらいいたか。

あんまり記憶にないのが今となっては不思議だ。

 

初日の午前に全体会がある。

それから分科会に分かれる。

山県、古屋、粟飯原先生の誰かのグループに入るのだ。

私はなぜ粟飯原先生のグループを選んだのだったかな。

決め手は何だったのかな。

どのグループにも女性の助手みたいな人がいた。

あれは自然発生的にできたのかそうじゃないのか。

 

粟飯原先生は理科の先生でY校の教頭先生だという話だった。

大柄で太い声がしっかりしていた。

 

はじめてのとき、

分科会に分かれて、

何かが始まるのかと思ったが、

実際には40分みんな無言だった。

空調の音と蝉時雨を聞いていた。

 

一度誰かが「何かやりませんか」といった気がするのだけど

誰かの発言でまたそれがお流れになったんじゃなかったかな。

 

あとで粟飯原先生が

「あのグループならすぐ始められると思ったけど」

と言っていた。

それで私は、エンカウンターって、何かやることが決まっていて

それを扱うんじゃないんだ、ということと

グループによってすぐ何かしたりしなかったりするんだ、

と思って 驚いた。

 

ゲームや授業をすることがあった。

もう何をやったか細かくは忘れてしまったけど

算数の面積の学習になる陣取りゲームや

無言でパーツを渡しあって図形を完成させるゲームが楽しかった。

相手の欲しいものを察するのが下手だったな。

 

あ、えと、念のため書いておくと

教材はきっかけで

そのあとのシェアがだいじなのだった。

 

粟飯原先生は詩の授業が本当にうまかった。

黙ってプリントを渡してくれて

「読んで」というのだ。

参加者でぐるっと音読する。

それから粟飯原先生がいくつか質問する。

質問のたびに「おおっ」という感じで理解が深まる。

そしてまた最後に読むと、ほんとうに音読が変わるのである。

自分から出てくる声音が

「私はこの詩をこのように理解したのだな」とわからせてくれるのである。

 

それは面白い体験だった。

今の私なら粟飯原先生に手紙を書いて

「ああいうのを自分で身につけたいので教えてください」というのだろう。

 

自分が深いところから開かれていく感じがあった。

 

もちろん会話だけで時間を進めていくこともあった。

 

今振り返ってみると

粟飯原先生は構成的なエンカウンターがほんとに上手だったんじゃないかな。

 

 

粟飯原先生は今の私くらいの年齢だったと思う。

私はそのときいくつだったろう。

35歳前後だったかな、今手がかりを思い出した。

一生懸命同僚を誘ったんだった。

 

何年通ったかな。案外短くて、3年くらいだったかも。

 

終わりのほうで粟飯原先生はよく私を怒らせようとしていたかな。

意識してかな、どうかな。

そのメッセージはそのときは受け取れなかったけど、

先生 今ならわかります。

 

ああした場が作りたいし、

ああいう交流がしたいなとずっと思っていて

少しできてきたような全然まだまだなような。

 

 

 

 


NLPの好きなとこ

「肯定的意図」という考え方がすき。

「どんな否定的な行動の裏にもその人にとっての肯定的意図がある」

というやつです。

 

夜更かし、先延ばし、過食、喫煙、ずる休み、嘘などなど。

いろいろな行動に見て取ることができる。

 

たとえば私だったら

毎晩の飲酒は自分をマネージする有能感、信頼感であり、

人と飲むことは共感、一体感を得ることだった。

 

あ、別に飲酒は悪いことじゃないけれど

私は大酒のみでした。

 

(ちなみに今は毎晩飲んでいなくて

飲む飲まないをマネージする自由も手に入れたということになる)

 

私も昔からこういう考え方を持っていたけれど、

外に同じ考えが見つからないと現実のものにはならないから、

これを知ったときはうれしかったな。

 

これは何に役立つかというと

人を決めつけないでよくなる。

歩み寄りたくなる。

そして、他人をより肯定できるようになるのである。

もちろん自分のことも。

 

 

 


依存かそうでないか

よく尋ねられることとして

「(カウンセラーとして)依存されないか」というのがあります。

答えとしては「されません」か「されても問題ありません」です。

 

以前は迷う経験もしましたが

あるとき大きく意識が変わりました。

「ユングもフロイトも、セッション外で

クライアントと交流した方がよい結果が出ると考えていた」

という意味の文を読んだのです。

河合隼雄だったか、違うか。

 

まあ、畏れ多いわね、、、出す名前が。

 

 

カウンセラー側がクライアントに依存するから、

されるのが困るし、怖いのだと思います。

そうはならない。

あるいはなってもいい、なるときはなる。

 

その人に今そうすることがプラスになると思えば

使えるものは何でも使おう。

そう割り切れました。

 

「依存されることはありませんか、困りませんか」という質問には

心理的、物理的、二つの側面があると思います。

質問する人はどちらを想定しているか、

どっちもあります。

 

心理的な方は今 上に書きました。

 

物理的な方は、

仕事の妨げになるようなことはあまりないです。

つまり暇だからこそ大口をたたけるのですね、今気づきました!

 

有料のセッションというフレームでは、

依存するほど何回も受けてくれたらありがたいですが

「その人のためになっていないな」と感じるようなことがあればやはり考えますし行動します。
 

セッションを受けてくれた人とその後メールやDM、LINEでやりとりすることは

ずいぶん減りましたがめずらしくはありません。

(当たり前にやっている人もいれば絶対やらないという流儀の人も、

いろいろあるんじゃないかと思います)

内容的に「カウンセリングになるな」と思うときは意識してやります。

ただ私の周りの人はとてもそのあたりがちゃんとしていて

「今のはカウンセリングでしたね」といってくれたり

「時間外なのにごめんなさい」といって必要なことだけ話して帰っていかれます。

そういうふうにこちらのへりを気にしてくれる気持ち、

今、思うと胸がいっぱいになります。

 

このあたり、私自身の特質もあるかもしれません。

アクションにはすぐ応えないと気がすまないのです。

もうひとつは、「いつまでも続くものではない」ということがわかっているから、

今関わることの好奇心のほうが勝つのです。

 

 

それと「自分が消費されているな」と感じたらすっぱりと意識を切ります。

相手の存在を切るのではなく

「今までの関係性における自分」から意識を離すのです。

そんなふうにして来なくなった連絡もけっこうあります。

あまり気にはなりません。

そのつど悔いのないように対応しているからだと思います。

(相手の方から見たら全然違う想いがあるでしょうが、

その想いは相手の方のものであって私が味わうものではありません)

 

一応書きたくなりましたが

セッションに関しては

金額や時間のフレームをきちんとする。

終了後はこちらから連絡は取らないか短くする。

一期一会を前提とする。

連続のコーチングであっても。

が基本方針です。

それと、いつも「少しずらす」ようにしています。

多すぎたり少なくしたり早すぎたり遅すぎたり。

ちょっと外します。

 

一番いい「仕事」はときとして友人や仲間に対してなされます。

私のセッションの先生が書いていますが

カウンセリングと気づかないカウンセリング。

雑談から入ってずっと軽口たたいて終わるみたいなのも理想の一つです。

誰に対してもそういうのを負担にならない料金でできたらなあと思っています。

それから、そんな場がつくれたらいいなと思っています。

私が今占星術を教わっている先生の学びの場みたいに。

 

そう、たくさんの人が、カウンセリングというフレームでなく、

今日もとてもいい「仕事」をしたりされたりしていると思います。

 

これも書きたくなりましたが

セッションは、元気になって帰るばかりが能ではありません。

何がいいかはその時によって違います。

でも意味を感じられたほうがもちろんいい。

(セッションのフォローのために

またセッションを受けてもらうことになったら効率が悪いからね。)

意味は誰が見出すのか。

それをするのはクライアントです。

それを信じて日常に帰ってもらうのです。

それが信頼ということだし、それがセッションです。

 

ここに書いたことはすべてのカウンセラーに当てはまる何かではないです。

私はこんなふうにしてますということです。

それと、現在形で書きましたが、これを書いたということは

今は何かの区切りで、これからは変わっていくかもしれません。

私自身は、人に時間を使ったり注意を向けたりが得意な人間ではなく

ここに書いていることも単なる思い込みで

自分は何もできていないかもしれない、と思ってみることもあります。

そもそもカウンセリングに向いていないかもしれないのですがw

やっぱり理想は理想としていつも胸にあります。

 

この道を進みたいけど進むのかな。

 

道は前にあります。

 

 

 

 

 


野のカウンセラー、だから

逆転移が起こるとよしって思う、

という意味のことをSずさんが書いていたと思うのですが。

私もそうです。

年に数回あるかないか。

セッション中にわきおこる激しい感情の渦。

あるいは感情以外の表れ方をすることも多いのです。

こちらとしてはすごい力になります。

 

逆転移は、

こちらが自覚してセッションにとりいれていくという姿勢がなければ

有効に使うことはできないでしょう。

そう、積極的に取り入れて、

それをどう発展させて解消するか

施術者がわの一つの視点からみれば

それもセッションの裏織といえると思います。

 

転移はすでに起こっている、

だからクライアントが来ている、

そんな見方ができます。

逆転移もまたそうかもしれません。

連絡をもらった時点で発生しているかもしれません。

とすればそういう微細なものを自ら見出していくことが

セッションの行方と着地に有用であるといえるかもしれません。

 

いずれにしても

謙虚な姿勢で耳を澄まし目を開いて全身で受け止めていくことが望まれます。

 

えー大変だなあと思う人は

こう読み替えてください。

カウンセラーの素直な感情がクライアントを癒すことがあるのです。

 

という当たり前のことを書きました。

 

 

 

 


 

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
アマゾン
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM