アルケス探索

松村先生が恒星探索でアルケスをやるといいと言っていた時期がありました。

コップ座ね。

To carry precious thing。

貴重なものを運びます。

この時は金運フォーカスの話でした。

 

少し遅れてでしたが自分もやりました。

 

夏の夜。

野外パーティみたい。

芝生があり木々の間に電球が光っている。

でかい円盤(皿、ソーサー)に乗った男女が

自由に空間を行きかい、グラスを合わせて談笑してまた次に。

むろん人外の姿の人もいたのです。

 

それを見てから、

自分の「貴重なもの」は「人」なんだと思いました。

折に触れそこに戻るようにしています。

 

人がカップで、

その人たちがまた自分の中に貴重なものを入れているわけで。

 

そんなのが私の見たアルケスの一場面でした。

 

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
アマゾン
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM